本気の人気スカルプシャンプー比較サイト / 薄毛の種類とその対策 / AGA(男性型脱毛症)の特徴と対策

AGA(男性型脱毛症)っていったい何?対策法は?

 

コマーシャルや広告でも話題になっていて、年齢を問わず悩まれている方の多いAGA。男性脱毛症とも呼ばれる、男性特有の脱毛症です。ここではAGAによる薄毛が気になる方に向けて、特徴や症状、原因などを解説します。さらに対策法もご紹介するので、現在AGAに悩んでいる方はもちろんのこと、これからAGAにならないように気をつけたい、父や祖父が薄毛に悩んでいたので自分も将来が心配だ、などと考えている方も、ぜひ参考にしてみてください。AGAは男性なら誰もがなるかもしれない症状です。他人事だと思わず、日頃から頭皮の様子をチェックしてみましょう。


AGA(男性型脱毛症)の特徴

AGA(男性型脱毛症)とは

AGAという言葉は「Androgenetic Alopecia」の略で、日本語で言うと「男性型脱毛症」といいます。髪が抜け、薄毛になってしまう症状がみられ、名前の通り男性に多いです。発症するのは主に成人以降ですが、年齢を重ねてから出る症状とは限らず、思春期を過ぎたあたりから発症することもあります。若いうちからでも十分になってしまう可能性があるのです。 症状の原因はいくつかありますが、男性ホルモンのバランスが崩れてしまうことや、遺伝で起こることが多いといわれています。 また、男性に見られやすい症状ですが、最近では女性でもFAGAと呼ばれるAGAが発症することも。特徴や症状は男性と少し違いますが、AGAになってしまう可能性はだれにでも潜んでいます。

AGA(男性型脱毛症)の症状

抜け毛が増えて薄毛になってしまうのがAGAの症状です。なかでも特徴的なのが、一気に抜けるというわけではなく、徐々に薄毛が進行していくということ。気づかないうちにいつのまにか生え際が目立つようになっていたり、毛量が減っていたりしていたら、AGAかもしれません。 抜けていく部分は人によってさまざまです。頭頂部から抜ける人もいれば、額の生え際からМ字型に抜けていく人もいます。いずれにしても少しずつ抜け毛の部分が増えていき、薄毛が進行していくのは同じです。 AGAになると、髪がきちんと成長しません。ほっそりと頼りない髪になっているために抜けやすいのです。抜け毛が気になってきたり、髪の毛になんとなくハリが感じられず細くなっていると感じたりするのであれば、AGAを疑ってみましょう。治療などですぐに対策すればよいのですが、そのまま放っておくと症状はどんどん進行し、髪の毛がどんどん抜けていってしまいます。

AGA(男性型脱毛症)のメカニズム

AGAで毛が細ったり抜けたりするメカニズムには、DHT(ジヒドロテストロテン)と呼ばれる物質が関係しています。DHTは髪の毛の成長期間を短くしてしまう成分です。AGAに悩む方の頭皮では、DHTのはたらきが活発。それによって髪の成長が中途半端なところでストップしてしまい、いつもよりほっそりと頼りない髪に変わってしまうのです。やわらかく細い髪は抜けやすいため、結果的に抜け毛を生み、AGAが進行していきます。

なりやすい人

AGAは誰にでも起こりうる症状ではありますが、なりやすい人となりにくい人がいます。特に、AGAの原因となるDHTの影響の受けやすさは重要です。DHTは男性ホルモンの一種であり、体に影響が出やすい人もいればそうでない人もいます。その程度によってAGAになりやすいかが決まるというわけです。影響の受けやすさは先天的なもので、遺伝によって決まることが多いといわれています。 ほかには、生活が不規則な人や、ストレスがたまりやすい人などもAGAになりやすいでしょう。生活習慣が乱れるとホルモンバランスが崩れたり、毛髪にも悪影響を及ぼしたりするため、健康的な体と頭皮を保っていないと、AGAになりやすくなってしまうのです。

AGA(男性型脱毛症)の原因

髪の成長期を短くするDHT

AGAの原因には、先ほども説明したDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が関係しています。これは、実は最初から髪の毛にあるわけではありません。もともとは「テストロテン」と呼ばれる男性ホルモンであり、どちらかといえば毛髪を強く濃くして、男らしくしてくれるものです。AGAにはまったく関係のないものなのですが、このテストロテンが頭にある酵素と絡み合うと、DHTに変化してしまいます。 DHTは髪の毛の成長する期間をぐっと短くしてしまう物質です。DHTのはたらきにより、髪が太くしっかりと育たなくなってしまい、ほっそりとした毛はすぐに抜けてしまうようになります。これにより、薄毛がどんどん進行するというわけなのです。 そして、このDHTは遺伝によって伝わりやすく、本人の体質も関係しています。

髪に悪影響を与える不規則な生活

AGAがすべて遺伝によるものかというと、じつのところそうでもありません。後天的な理由もいくつかあり、そのなかで注目されているのが、不規則な生活習慣です。寝不足の状態が続いていたり、偏った食生活をしていたりすると、髪に栄養が行き届かず、結果としてAGAになってしまうことがあります。髪に限らず、不規則な生活習慣はさまざまな部分で害を及ぼしますから、普段からバランスが取れた食事や質の良い睡眠を心がけることが重要となるでしょう。

ストレスを抱え込みやすい人は要注意

忙しい仕事や精神的負担が原因でストレスを抱え込んでしまっていることもAGAの原因になりえます。AGAに限らず、ストレスで円形脱毛症などを発症したという話を聞いたことがある人もいるでしょう。ストレスは心だけではなく、体にも支障をきたします。たとえば、不眠症になって寝不足になったり、体の巡りが悪くなったりするのはストレスの影響が大きいです。ストレス過多の状態では自律神経が乱れたり、ホルモンバランスが崩れたりすることも知られています。そうした際に、髪の毛が栄養を摂れずにAGAになってしまうことがあるのです。 しかし、仕事や生活のストレスを完全になくすのは難しいので、できるだけ自分がストレス解消できる運動や趣味を、生活のなかに取り入れてみてください。 また、本末転倒なのですが、毛髪のことで悩みすぎてストレスになる、ということもあります。AGAは早く対処すればするほどきちんと治る症状なので、深く考えすぎないようにしましょう。手軽にできる方法もあるため、自分にできることから始めてみてください。

過度な飲酒や喫煙も原因に?

ついつい手が出てしまうお酒やタバコ。習慣になっているという人も多いかもしれませんが、過度なものはAGAの原因になってしまうといわれているのです。たとえば、お酒によりアルコールを摂取しすぎると、それを分解するためにミネラルや亜鉛が使われます。これらの成分は髪にとってとても重要な栄養源ですから、消費しすぎると毛髪に栄養が行きわたらなくなってしまうのです。 また、タバコは血の巡りを悪くする原因に。血行が悪いことでも頭皮に栄養が行きづらくなってしまうので、結果的にAGAを引き起こすことになってしまうでしょう。

AGA(男性型脱毛症)の対策

ちょっとした症状でも見逃さずに治療を受ける

「あれ、最近薄毛になってきたな……」と感じたら、病院で治療をしてもらいましょう。基本的には薬を出してもらうことになりますが、早めに対策を打つことが重要です。最近ではAGA治療に特化したクリニックも増えているので、近くで開業していれば、一度診察を受けてみるのもよいでしょう。 AGAの治療を急ぐことには二つの理由があります。一つはAGAが徐々に進行していく症状であるということ。放っておくとどんどん症状が進み、抜け毛の部分も拡がってしまいます。最初は大したことがなかったとしても、最終的には広範囲にわたって薄毛や抜け毛に悩まされることになってしまうでしょう。だからこそ、早めに対策することが大切なのです。 もう一つの理由は、毛根には寿命があり、一度毛髪が死んでしまうと新しい毛が生えてこないから。せっかく治療しても、生えてくる毛がないのでは意味がありません。髪の毛が弱くなっているうちはまだしも、毛根から生えてこなくなる前に、治療を始めましょう。

生活習慣を整える

遺伝だからとあきらめるのは得策ではありません。普段の生活がAGA原因となっていることも多々あるからです。普段から不規則な生活をしていると感じているのであれば、少しでも改善できるように心がけてみてください。睡眠をしっかり取り、バランスの良い食事を心がけるだけでも、健康な髪の毛が育ちやすくなります。 特に食事では、髪の毛に良いとされているミネラルやビタミン、そしてたんぱく質などを積極的に摂るようにしましょう。野菜や魚などもバランスよく摂取するのが望ましいですが、なかなか忙しくて取れないのであれば、サプリメントや栄養ドリンクなどを利用するのもおすすめです。

スカルプシャンプーで頭皮の汚れをきれいに落とす

生活習慣を整えるのと同じように、頭皮の環境を整えることもまた、AGA対策として重要になります。なぜなら、毛穴に汚れが詰まってしまうと健康な髪が生えてくることができず、結果的に薄毛や抜け毛の原因となってしまうからです。AGA対策としておすすめなのは、一般的なシャンプーではなく、スカルプシャンプーを使うこと。頭皮がきれいになり、毛根と毛髪に栄養を与えてくれます。 注意しておきたいのは、洗い流すときにシャンプーを残さないこと。シャンプーの残りかすが毛穴に残り、汚れとなってしまうことも十分にあり得ます。せっかくきれいにしたはずなのに、洗い残しで逆効果になってしまうのはもったいないですよね。しっかりと効果を出すためにも、正しい洗髪方法を身につけましょう。

頭皮をマッサージして血行を良くする

頭皮の血行を良くすることもまた、AGA対策として適しています。頭皮の汚れをきれいにすると同時に、マッサージで血行を良くし、健康的な頭皮環境を整えておきましょう。ただし、過度にマッサージすることは、結果的に頭皮にダメージを与えることになりかねません。自分が気持ち良いと思える範囲で行うようにしてください。 血行を良くするという面では、適度な運動を取り入れることもおすすめです。体に、そして頭皮に必要な栄養分がきちんと行きわたるように、血の巡りを良くしておきましょう。

AGA(男性型脱毛症)のチェック方法

AGA(男性脱毛症)は早期発見が大切

男性に多い薄毛の原因、AGA(男性型脱毛症)は早期発見が非常に重要です。放っておいても勝手に症状が改善されることはなく、悪化するばかり。そのままにしていて髪の毛をすべて失ってしまう前に、自身の頭皮や毛髪の状態に対し、常に気を配るようにしましょう。「最近髪の毛が細くなった気がする」「額の面積が広くなった気がする」など、少しでも思い当たる節があれば、AGAかもしれません。

AGAのチェック項目に当てはまるか確かめる

髪の毛の変化を感じたら、セルフチェックを行ってAGAかどうかを自己診断してみましょう。

  • ・40歳以上である
  • ・親戚に薄毛の人がいる
  • ・朝起きると枕に10本以上抜け毛がある
  • ・髪の毛が細くなり、コシがなくなってきた
  • ・ストレスを受けることが多い
  • ・肉食中心の生活で野菜をあまり食べない
  • ・喫煙者である
  • ・睡眠時間が慢性的に少ない
  • ・フケが多い
  • ・頭皮がかゆい

上記の項目に5個以上当てはまるのであれば、AGAの可能性が高いといえるでしょう。

AGAドッグを利用しよう

AGAドッグとは、男性ホルモンの感受性に作用する遺伝子を調査することで、AGAを発症しやすい遺伝体質かどうかを調べられる検査です。AGAは遺伝的要素による側面が強く、70%~80%という高い確率で発症します。そのため、自身の体質がAGAを発症しやすいかを知っておくことは非常に重要です。

もしもAGAを発症しやすい遺伝子であっても、落ち込むことはありません。毛髪や頭皮に変化が現れた段階で早期の治療が可能になり、症状を悪化させないことにつながります。AGAドッグは両頬の内側の粘膜を軽く採取するだけで行うことができ、キットでも判断可能です。非常に簡単なので、まずは検査だけ行うのもよいでしょう。

クリニックへの受診も検討すべき

AGAの症状が疑われる場合、できるだけすみやかに専門家のいるクリニックを受診してみてください。カウンセリング、検査、結果に応じたアドバイスを1日で受けることができます。「わざわざクリニックに行くなんて」と躊躇する方もいるかもしれませんが、AGAは早期発見と対策が何より重要です。検査を行わず薄毛治療を行った場合、AGAの改善に沿った内容でなければ進行を止められず、時間やお金も無駄に消費してしまうことになります。カウンセリングを無料で行っているところもありますので、まずは話を聞きに行くつもりでクリニックを受診するのもおすすめです。

AGA(男性型脱毛症)は治る?

AGAの完治を定義することは難しい

「AGAを完治させる」というのは非常に難しいことです。そもそも、AGAの完治とはどのような状態を指すのでしょうか。髪の毛が増えること、髪の毛にハリやコシが戻ること、抜け毛が少なくなることなどが考えられますが、どの段階で満足できるかは個人差が大きいのが事実です。そのため、完治までにかかる時間や金額も人それぞれでしょう。これらのことから「AGAを完治させる」という定義はあいまいで、難しいものであるといえます。

AGAが完治できない理由

AGAの完治が難しい主な理由を見ていきましょう。

・AGAの原因が体質によるものであることが多いため
AGAの原因はDHT(ジヒドロテストロテン)という男性ホルモンの一種が影響を及ぼし、抜け毛や薄毛を引き起こすことです。このDHTに左右されやすい体質かどうかで、AGAを発症する可能性の有無が決まります。そのため、AGAの治療を行い症状が改善してしばらく治療をやめると、もともとの体質のせいで再びAGAを発症してしまうことも多いのです。一度治療をはじめたらやめることができないことも、AGAを完治させることが難しい原因のひとつでしょう。

・AGAの治療は増毛ではなく頭皮環境の改善であるため
薄毛の症状が起こるAGAの治療方法を、髪の毛を増やすことだと勘違いしている人は多いようです。本来、AGAの治療は抜け毛や薄毛、髪が細くなってしまう頭皮環境を改善して正常な状態に戻し、それを維持することにあります。その結果として髪の毛にハリやコシが生まれ、増毛につながるのです。治療を続けて増毛が見られても、頭皮環境を維持するための治療は継続する必要があり、やめれば元に戻ってしまいます。

・AGAの原因はなくならないため
AGAは男性ホルモンの一種であるDHTの影響を受けやすい体質の人に多く起こります。そのため、治療を開始して症状が改善しても体質を変えることはできないため、根本的な改善は難しいでしょう。また、原因となるDHTをなくすことも難しく、ますます完治は難しいといえます。

完治しにくいAGAへの対策は?

AGAが完治しにくいからと言って、何もしないままでは症状は悪化する一方です。完治が難しいとはいえ、クリニックへの通院や治療は症状を悪化させないという効果があります。頭皮環境を整えるシャンプーの利用も、手軽に行えるAGA対策です。あきらめず、しっかり対策を行いましょう。

専門家と選んだ!本当に効果が期待できる スカルプシャンプーBEST5
医師監修のスカルプシャンプーおすすめ3選
サロン監修のスカルプシャンプーおすすめ3選