本気の人気スカルプシャンプー比較サイト / 薄毛の種類とその対策 / 脂漏性脱毛症の特徴と対策

余分な皮脂が原因の脂漏性脱毛症とは?
対策方法を知っておこう

 

皮脂が余分に分泌されて、肌が脂っぽくなったり、べたついたりすることはありませんか?この状態、じつは顔の肌だけでなく、頭皮にも起こります。皮脂量が多くなることで細菌が増えてしまい、脂漏性皮膚炎とよばれる炎症を起こすことも。それがさらに悪化してしまうと脂漏性脱毛症となり、抜け毛の原因となります。脂漏性皮膚炎や脂漏性脱毛症が引き起こされる原因と、それに対する対策方法にはどんなものがあるのでしょうか。ここでは脂漏性脱毛症を防ぐため、原因や特徴、対策法について解説します。


脂漏性脱毛症の特徴

脂漏性脱毛症とは

脂漏性脱毛症は、余分に分泌された皮脂が原因となり発症する脱毛症です。過剰に皮脂があると頭皮の状態が悪くなり、炎症を起こしたり乾燥したりして、抜け毛を引き起こしてしまいます。単純な脱毛症とは違い、皮膚炎になってから脱毛症へと悪化するため、頭皮が赤く腫れるなどの重い症状が見られることも少なくありません。 ちなみに、脂漏性脱毛症になる前に皮膚炎にかかった状態を脂漏性皮膚炎とよびます。この状態でもかゆみや炎症など不快な症状が現れますが、ひどくなると脱毛症になるため、気が付いた段階で早めの対処が必要です。

脂漏性脱毛症の症状

脂漏性脱毛症の特徴として、症状の初期段階で皮膚炎になってしまうことが挙げられます。頭皮が赤くなり、かゆみがあることがその代表的な初期症状です。また、皮脂が大量に発生することによって、油分のバランスが崩れてしまっているので、頭皮が乾燥してかさかさする、かさぶたができてしまうという状態も見られます。場合によってはフケが出ることもあるでしょう。この脂漏性皮膚炎とよばれる状態を放置したまま悪化すると、脂漏性脱毛症になります。 AGAは男性に多く見られる症状として知られますが、これは男性ホルモンが原因となっているからです。一方、脂漏性脱毛症は原因が皮脂や皮膚炎にあるため、性別にかかわらずリスクがあると言えます。また、一度発症すると単に脱毛症が出るだけではなく、皮膚炎になるため頭皮へのダメージが深刻です。見た目にも赤くなったりフケが出たりして、ほかの脱毛症に比べてわかりやすいところも特徴のひとつでしょう。

脂漏性脱毛症のメカニズム

脂漏性脱毛症になるのは、過剰な皮脂分泌が原因です。皮脂が多いと、マラセチア真菌とよばれる菌を過度に増やしてしまうことになります。この菌はもともと頭皮に存在し、一定数であれば害はありません。しかし、大量発生してしまうことによって皮膚炎を引き起こす原因に。そしてこの皮膚炎をきっかけに頭皮の状態は悪くなり、かゆくなったり、かさぶたができたりといった症状が出始めます。これらがどんどん悪化した結果、脂漏性脱毛症になって炎症部分の毛が抜け落ちてしまうのです。

なりやすい人

意外かもしれませんが、脂漏性脱毛症になりやすいのは、きれい好きすぎる人です。たとえば1日に何度も髪を洗ったり、必要以上に洗浄力のあるシャンプーを使ったりしている方は要注意でしょう。 頭皮を清潔にすることは、脱毛症を防ぐにあたってとても大事なこと。しかし洗いすぎが原因で脂漏性脱毛症になることもあるのです。過剰な洗髪で皮脂を必要以上に取り除くと、頭皮は失われた皮脂を補うために皮脂をたくさん分泌しようとするので、油分バランスがおかしくなってしまいます。結果的にかえって皮脂量を増やし、皮膚炎や脂漏性脱毛症を引き起こすことにつながるのです。 加えて、脂っこい食べ物を好む人も脂漏性脱毛症になりやすい傾向にあります。必要以上に油分を摂取することは、過度な皮脂分泌を招く原因です。ファストフードやコンビニのご飯を好んで食べてしまう方は、意識して控えるようにしてみてください。

脂漏性脱毛症の原因

過剰な頭皮のケア

私たちの身体にとって、もともと皮脂というものはなくてはならない存在です。頭皮や肌を健康に保つため、身体はつねに皮脂で油分のバランスをとっています。しかし、皮脂が増えすぎては脂性肌になってしまいますし、減りすぎは乾燥の原因になることも。だからこそ、釣り合いよく保持しておくことが大切と言えます。とはいえ、皮脂で頭がべたついているとどうしても気になってしまうことでしょう。 その際、清潔感を保つため適度に洗髪するのは問題ありませんが、注意しておきたいのは過剰な頭皮のケア。たとえば無理に皮脂を取り除こうとして1日に何度も髪を洗ったり、皮脂を落とす強力なシャンプーを使いすぎたりすると、必要以上に皮脂が失われ、バランスを欠いてしまうことに。結果、頭皮は余分に皮脂を分泌することになり、脂漏性皮膚炎や脂漏性脱毛症を引き起こしてしまいます。 清潔感を保つためにテカリやべたつきを抑えるのも大切ですが、問題は増えすぎることであって、皮脂そのものが悪さをしているわけではありません。頭皮のケアは適度にし、過敏になりすぎないよう気を付けましょう。

偏った食生活

生活習慣が乱れていると感じることはありませんか?睡眠不足や運動不足はもちろんのこと、特に食生活の偏りは、脂漏性脱毛症の天敵と言われています。なぜなら、食生活が乱れることによって余分に油分を摂ってしまい、結果として皮脂の過剰分泌につながることがあるためです。特に甘いものや脂っこいものばかりを好んで食べる方は、注意したほうがよいでしょう。これらはどちらも油分を多く含んでおり、摂取によって身体全体の油分と頭皮の皮脂が増えることにつながってしまうからです。 つまり、偏った食生活は過剰な皮脂分泌を手伝うとも言い換えられます。ファストフードやコンビニのお弁当なども、たまにであれば問題はありませんが、頻繁に食べてしまうという方は食生活の見直しが必要でしょう。甘いものや脂っこいものは適度なところでストップし、ミネラルやビタミンなど、髪と身体によいものを摂ることも心がけてください。

ストレスや精神不安定によるホルモンバランスの崩れ

ホルモンバランスが崩れると体内のバランスも崩れてしまい、脱毛症の原因になることがあります。脂漏性脱毛症の場合は、ホルモンバランスの乱れによって身体の油分のバランスも狂い、皮脂が過剰に分泌されてしまうというケースです。ホルモンバランスが乱れる要因には、身体に異常をきたしているときや生活リズムが整っていないときが挙げられますが、一番に懸念すべきなのは過剰なストレス。 ストレスを感じること自体は誰しもあることなので、そこまで敏感になる必要はありませんが、抱え込むようであれば問題です。ホルモンバランスが崩れて余分な皮脂が分泌され、それによって脂漏性皮膚炎になり、脱毛症になり、そして脱毛症になったことでストレスが倍増するという悪循環にもなりかねません。 重要なのはため込みすぎず、適度に発散するということ。運動をしたり趣味を楽しんだりと、自分なりのストレス解消法を見つけてみてください。

 

 

脂漏性脱毛症の対策

スカルプシャンプーなどで頭皮の調子を整える

脂漏性脱毛症で最も気を配りたいのは、皮脂のバランスを整えるということ。過剰な皮脂分泌が収まれば、頭皮の異常も軽減され、症状が治まることがあります。 頭皮の皮脂バランスを整える方法はいくつかありますが、おすすめはスカルプシャンプーの利用です。スカルプシャンプーは頭皮の環境を整えてくれるため、脂漏性脱毛症を改善する効果が期待されます。ただし、皮脂が不足するまで洗いすぎないよう、洗い方と頻度には配慮が必要です。脂漏性脱毛症は皮膚炎から起こるということもあり、適切な頭皮のケアが何より大切。無理のない範囲で、日常に頭皮ケアを取り入れましょう。 また、脂漏性脱毛症になっていない方でも、スカルプシャンプーを使って頭皮を健康な状態に保っておくことは今後の抜け毛予防として大変に役立ちます。脱毛症や皮膚炎にならないために、日頃から頭皮や髪の毛を健やかに保つよう心がけてください。

食生活を改善する

食生活の乱れは、頭皮の皮脂バランスを乱す原因です。たとえば脂っこいものや甘いものを摂取しすぎると、皮脂分泌が活発になってしまい、脂漏性皮膚炎や脱毛症を引き起こすきっかけになります。頭皮の脂が気になる方は、普段の食生活を一度見直してみてはいかがでしょうか。自分はきちんと食事を摂っているから大丈夫という方も、もしかすると脱毛症の原因となることを気づかないまま繰り返しているかもしれません。 仕事中、ついついチョコレートなどの甘いものを口にしていたり、頻繁に飲み会へ行って、ビールと一緒に揚げ物をたくさん頼んでいたりしていないでしょうか。無意識のうちに油分や糖分をたくさん摂取しているようであれば危険です。いつもの食生活を変えることで、脱毛症を改善できることもありますので、よく思い返してみてください。 面倒に思えるかもしれませんが、食生活の改善は時間や身体を使わなくていいぶん、すぐに実践することが可能です。まだ脱毛症になっていない方も、予防としてバランスのよい食生活を心がけることをおすすめします。

精神をリラックスさせ、心にゆとりを持つ

強いストレスが続くことは、過剰な皮脂分泌を招く原因です。また、精神が不安定になるとホルモンバランスが崩れ、結果として脱毛症の原因になってしまうことも。普段から精神的にゆとりを持ち、穏やかに過ごすことは、髪にとってとても重要なのです。現在ストレスを感じたり精神的に不安定になったりしているようであれば、リラックスできる趣味などを持つようにして、日々の生活でうまく発散していきましょう。 仕事の息抜きやプライベートの充実は、脂漏性脱毛症に限らず、頭皮環境や体調によい影響を及ぼします。脱毛症の予防としても、ストレスは適度に発散することを心がけましょう。

炎症を抑える薬を処方してもらう

脂漏性脱毛症は脂漏性皮膚炎から始まるため、頭皮では炎症などの異常が起きています。上記のような方法をとって自力での改善を心がけることも重要なのですが、なかなか改善しない場合や脱毛症がどうしても気になってしまう場合は、病院で医師に相談するのがよいでしょう。 脂漏性脱毛症は基本的に皮膚炎の悪化で起こります。炎症を抑えるための薬をもらって頭皮を健康な状態に戻すことで、脱毛症も改善されていくはずです。

脂漏性脱毛症のチェック方法

脂漏性脱毛症のチェック項目に当てはまるか確かめる

脂漏性脱毛症が疑われる場合、以下の症状に当てはまるかチェックしてみましょう。

  • ・頭皮がべたべたしている
  • ・頭皮に赤みがある
  • ・頭皮にかゆみがある
  • ・シャンプーはすっきりタイプのものや清涼感の強いものを使用している
  • ・脂漏性皮膚炎である

脂漏性脱毛症は頭皮に皮脂が詰まって炎症を起こすことが大きな原因です。健康な毛髪が生えにくくなり、髪の毛が抜けたり、髪にコシやハリがなくなったりします。

頭皮がべたつく主な要因は乾燥です。清涼感の強いシャンプーは頭皮の乾燥を招き、乾燥から守るために頭皮は皮脂分泌を過剰に行います。これによって頭皮がべたつき、赤みが出たり、かゆみが出たりするのです。

また、脂漏性皮膚炎を患っている場合は、原因が同じである脂漏性脱毛症になりやすいでしょう。

クリニックに相談する

脂漏性脱毛症は乾燥により皮脂分泌が過剰になることで、頭皮の常在菌であるマラセチア真菌が繁殖することが原因のひとつです。頭皮の乾燥を改善することももちろんですが、このマラセチア真菌の働きを止めることが必要になります。

抗真菌作用の薬はクリニックでの処方が必要となるので、脂漏性脱毛症が疑われる場合は、専門家のいるクリニックへの受診がおすすめです。真菌の繁殖はセルフケアで改善することは難しいもの。間違ったケアで症状を悪化させないためにも、早めの相談を心がけましょう。

脂漏性脱毛症は治る?

脂漏性脱毛症の改善にはマラセチア真菌への対策が必要

脂漏性脱毛症の原因のひとつであるマラセチア真菌の繁殖は、誰にでも起こりうることです。マラセチア真菌は身体の中に潜む常在菌で、過剰に分泌された皮脂をエサにして繁殖します。皮脂分泌が収まれば症状は起こりません。つまり、真菌の働きさえ抑えることができれば、脂漏性脱毛症を治すことは可能なのです。

しかし、マラセチア真菌は常在菌のため、常に身体の中に存在するもの。頭皮環境が正常であり続ければ何も起こりませんが、乾燥が進んで皮脂分泌が増えてしまうと、再び脂漏性脱毛症の症状が現れてしまいます。完治は難しいですが、炎症を起こす真菌を抗菌し頭皮環境を正常に保ってさえいれば、症状は改善されるでしょう。

脂漏性脱毛症はどれくらいで治る?

脂漏性脱毛症のかゆみや炎症は、マラセチア真菌が原因となっています。抗真菌作用のある塗り薬やシャンプーを使用すれば、2週間~1か月程度で症状は治まるでしょう。真菌の働きは比較的短期間で抑えられるのです。

しかし、真菌が繁殖する原因となる過剰な皮脂分泌も、併せて抑えなければなりません。これには、頭皮を乾燥させないための生活習慣の見直しが必要となります。洗浄力の協力なシャンプーは、抗真菌作用と保湿作用があるものに変更しましょう。飲酒や喫煙、ストレスは極力避けることが大切です。頭皮の皮脂分泌が治まらない限り、毛穴の炎症は繰り返し起こってしまいます。頭皮環境を整える努力を継続しなくてはなりません。

頭皮に負担を与えない正しい髪の洗い方を身につける

脂漏性脱毛症の症状を悪化させないためには、正しい髪の洗い方を身につけることが重要です。

大切なのは頭皮に刺激を与えないこと。爪を立てて頭皮を引っかいたり、必要以上に力を入れて洗ったりといった行為は厳禁です。5本の指の腹に均等に力を入れ、頭皮を優しくマッサージするイメージで行いましょう。

加えて、シャンプーのあとのすすぎにも気を配ってみてください。頭皮にシャンプー液が残ると、マラセチア真菌の繁殖の原因となり、抜け毛や薄毛を進行させてしまいます。頭皮を揉むようにして、しっかり洗い流してください。タオルドライの際はこすらず、髪の毛と頭皮を押さえるようにして行います。ドライヤーは頭皮から最低20センチ離して使うことがポイントです。

専門家と選んだ!本当に効果が期待できる スカルプシャンプーBEST5
医師監修のスカルプシャンプーおすすめ3選
サロン監修のスカルプシャンプーおすすめ3選