/ 男性の髪と地肌の悩み その原因と対処法 / フケ&かゆみ

フケ&かゆみ

心理的ダメージにもなるフケ&かゆみ

頭皮のトラブルは、フケやかゆみも発生させることがあります。「また肩にフケが落ちていないかな」というストレスを生みます。かゆみを感じるとつい指でかいてしまい、これもまた清潔感を損なうものです。共通するのは「不潔なイメージ」。毎日シャンプーしているのにどうしてだろう。シャンプーの選び方ひとつで解消できるのなら。

フケ&かゆみがひどくなる?
その原因を解説

  • 乾燥・皮脂過剰

    そもそもフケは、古い角質がはがれたものです。新陳代謝の結果ですから、本来は自然なもの。ですが、乾燥が進み、水分や適度な皮脂が不足したときにカサカサとしたフケが大量発生することがあります。また、皮脂分泌が過剰になったときに頭皮の真菌が暴れだして起こす脂漏性皮膚炎によって、フケが大量発生することもあります。つまり、乾燥しすぎもダメ、皮脂過剰でもダメということです。乾燥はまだ手立てがありますが、脂漏性皮膚炎はシャンプーの見直しをしなければなりません。

  • 食生活とシャンプーの使い方

    洗浄力の高すぎるシャンプーによって皮脂を取りすぎれば、それをカバーしようとせっせと皮脂分泌をはじめる頭皮。「さっぱり洗う」「皮脂の分泌」―この悪循環に陥ってはいませんか。脂っこい食事が多いようなら控えましょう。そして、低刺激のシャンプー、抗真菌剤が含まれたシャンプーを選んで対処しましょう。もちろん、1日に何度も洗うのはNGです。もしもこれらに気をつけてもフケ状のものが減らないのであれば、皮膚科に行くことも大切です。

  • 過剰なストレス

    かゆみもフケと同様、「乾燥」や「皮脂による炎症」が主な原因です。乾燥は、頭皮の洗いすぎや間違ったシャンプー法でカサカサに乾いてしまうもの。脂性は、余分な皮脂が頭皮に留まり続けることで雑菌が繁殖、炎症を起こしかゆみをひきおこすものです。また、ストレスを感じると皮膚や頭皮にかゆみを感じることも知られています。肌に合い、症状に適切なシャンプーを選ぶことが重要。ストレスを受け流すコツや自分なりのリラックス法を身につけることも、かゆみ対策に必要なことです。

フケ&かゆみとシャンプーの関係とは

フケもかゆみも、「乾燥」か「皮脂過剰」が原因である疑いが濃厚。まず今使っているシャンプーの見直しをしなければなりません。乾燥?皮脂過剰?―乾燥をするから過剰な皮脂分泌の悪循環が始まるはずですね。乾燥であれ、皮脂過剰であれ、頭皮のアブラを強力に落とす洗浄成分はよくないということになります。

フケ&かゆみケアならこのシャンプー!

  • LUXE(ラグゼ)

    とても優しいシルクアミノ酸を含有、頭皮の状態を整えてくれます。また、インドに伝わるハーブアムラ・リタ・シシカイに加え、ノコギリヤシやクルクミンのエキスを配合し、頭皮環境改善によるフケ・かゆみの改善、髪のハリやコシを取り戻すことを目指しています。皮脂のとりすぎを回避し、乾燥やベタつきを抑えたいのならオススメです。

  • プレミアムブラックシャンプー

    アミノ酸系洗浄剤を使用。洗浄剤だけに頼らず、炭化させた泥(クレイ)の力で皮脂を取り除きます。クレイは、粘土層から採取されるもので、汚れや皮脂を吸着してくれます。女性の使う洗顔料にも使用されるほど優しいものです。アルニカ、オドリコソウ、オランダカラシのエキスも配合、毛母細胞活性化、消炎効果も期待でき、フケ・かゆみの防止や頭皮の保湿効果を狙えます。

  • リマーユ スカルプシャンプー

    アミノ酸系洗浄剤を用い、馬油も配合しています。馬油は、ヒトの肌になじみの良いセラミドをたっぷりと含んでいます。これなら洗いすぎによる乾燥~皮脂の過剰分泌を抑制できそう。馬油は、炎症を鎮める効果や冬場の乾燥肌を治める効果により、日本でも古くから用いられてきました。これにソメイヨシノ葉エキス・ハトムギ種子エキスなどの効果で、保湿や抗炎症作用を期待できます。

専門家と選んだ!本当に効果が期待できる スカルプシャンプーBEST5
医師監修のスカルプシャンプーおすすめ3選
サロン監修のスカルプシャンプーおすすめ3選