本気の人気スカルプシャンプー比較サイト / 男性の髪と地肌の悩み その原因と対処法 / 抜け毛

抜け毛

抜け毛は防止できるのか!?

シャンプーをすると排水口に抜け毛がたまる、朝起きたら枕に抜け毛が残る…。こんな毎日を送っていると、精神的なストレスで「負の連鎖」に拍車がかかってしまうかもしれません。抜け毛防止には、毎日使用するシャンプーを見直すことが大切です。まずは抜け毛をストップさせること。抗う努力があってこそ、抜け毛防止の第一歩を踏み出すことができます。

なぜ抜け毛がひどくなる?
その原因を解説

  • 不規則な生活習慣

    私たちの体を維持するために必要な「食べ物」「飲み物」「睡眠」をはじめとした要素。それらが偏ってしまうと、日々の健康と同時に頭皮も蝕まれてしまいます。脂っこい食事、過度の飲酒や喫煙、睡眠不足が続くと頭皮の環境が悪化してしまいます。すぐに変更できるものは食事ではないでしょうか。脂肪分の多い揚げ物などが続くと、頭皮から分泌される皮脂の量も増えることになってしまいます。可能な限りあっさりとしたものに切り替えてみてください。疲れを取り除く睡眠も、時間と質にこだわってください。

  • 過度なストレス

    生命維持ややる気の向上のため適度なストレスは不可欠とされていますが、それが度を越して精神的な抑圧まで感じてしまっているようならばそれはストレスフル。自律神経が乱れてしまい目に見えない体調不良から起こる抜け毛、時にはストレスからの円形脱毛症にまで及ぶこともあります。リラックスできる時間の確保、問題を大きくしない程度の「スルースキル」を身につけることも必要かもしれません。ストレス発散といっても、過剰にテンションがあがってしまうものには気をつけたいところです。

  • 男性ホルモン

    毛母細胞分裂を促進させるテストステロンは、男性ホルモンの一種。これがある理由により過度に活性化してしまうと、髪を形作るタンパク質の成り立ちを邪魔したり、皮脂を過剰に分泌させたりします。この影響を受けやすい部分は、頭頂部と前頭部。抜け毛で悩み始めるパーツですね。スカルプケアシャンプーの中には、この男性ホルモンを抑制するとされる成分を含むものもあります。抜け毛の悩みの程度にあわせ、このような成分を配合したものを選んでみてください。

抜け毛とシャンプーの関係とは

毎日使用するシャンプーが抜け毛の量を左右するのはもうおわかりのことですね。適度な洗浄力で頭皮の環境をより健康にしてくれるもの、洗浄力が強く気持ちはいいけれど皮脂分泌を過剰にしてしまうものとがあれば、どちらを選びますか。また、男性ホルモンに対抗する成分を含んだものとそうでないものがあれば、どちらを選ぶでしょうか。抜け毛を減らすために、シャンプーの成分にも注目してください。洗ったときの感覚だけに頼らず、本当に抜け毛予防に効果をもたらしてくれそうなシャンプーを見極めることが大切です。有効成分の内訳、そして洗浄成分に見極めポイントがあります。

抜け毛ケアならこのシャンプー!

  • バイタリズム

    医師監修の上、日本で始めて頭皮ケアの有効成分としてピロミジロール(ミノキシジル誘導体)を配合したシャンプーです。開発・監修の医師は、AGA治療にも取り組む「頭髪の専門家」。経験に裏打ちされたバイタリズムは、雑誌でも多く取り上げられています。

  • スカルプD

    2016年現在、進化を続けたスカルプDは12代目。有効成分をナノカプセルにつめ、毛穴の深くまで浸透させる技術を採用しています。頭髪専門クリニックの専用商品として発売スタートし、医師と共に改良が進められています。豆乳発酵液(イソフラボン)を配合していますので、活発化しすぎた男性ホルモンを落ち着かせる効果が期待できます。

  • リマーユ スカルプシャンプー

    頭皮に優しいアミノ酸系洗浄剤をベースに、女性のスキンケア商品として長い間愛用されてきた「馬油」を配合しています。汚れを落としながら必要な油分を補給し、やわらか・しっとりの頭皮を保ちます。冬虫夏草エキス、ビワ葉エキス、ジオウ根エキスなどを配合、抜け毛防止や毛髪の成長を促進する効果を期待できます。

専門家と選んだ!本当に効果が期待できる スカルプシャンプーBEST5
医師監修のスカルプシャンプーおすすめ3選
サロン監修のスカルプシャンプーおすすめ3選