本気の人気スカルプシャンプー比較サイト / 美容師直伝!スカルプシャンプー頭皮ケア講座 / スカルプシャンプーの種類と選び方を徹底解説 / 気になる薄毛に効果的!アミノ酸系スカルプシャンプーとは?

アミノ酸系スカルプシャンプーとは?

シャンプーの広告などで「アミノ酸系」という言葉を目にしたことがあるでしょうか?
シャンプーにおける「アミノ酸系」とは、「高級アルコール系」と「石鹸系」に並ぶ3大洗浄成分のひとつ。
それぞれの洗浄成分には違った特徴があるのですが、中でも「アミノ酸系」は、やさしい洗浄力を特徴としています。 ここではアミノ酸系シャンプーの特徴や、他のタイプのシャンプーとの見分け方、メリット・デメリットなどをまとめました。
アミノ酸系シャンプーが向いている人や、おすすめの商品などもご紹介しますので、シャンプー選びの際にはぜひ参考にしてください。

アミノ酸系シャンプーってどんなシャンプーなの?

一度は耳にしたことがあるアミノ酸という言葉。でも、それがどんなものだったのか、ハッキリとわかる人は意外に少ないでしょう。 そこでまずは、学生時代の復習も兼ねて「アミノ酸とは何ぞや?」について解説します。
そのうえで、気になるアミノ酸系シャンプーについても詳しく見ていきましょう。

◆【アミノ酸】をおさらいしよう!

私たち人間の体を構成する主要な成分は水。水は、私たちの体の約60%を占めています。そして残り40%のうち半分がタンパク質で、残り半分が他の様々な成分。つまり、私たちの体から水分を除けば、その大半はタンパク質が占めていることになります。特に内臓や血管、筋肉、皮膚など、体の重要な部分はほとんどタンパク質で作られています。

そして、そのタンパク質の原料となっているのがアミノ酸。自然界にはたくさんの種類のアミノ酸がありますが、それらのうち20種類のアミノ酸が私たち人間の体を作っています。つまりアミノ酸とは、私たち人間の生命活動を支えている、最も根源的な成分なのです。

アミノ酸系シャンプーとは?

アミノ酸は、私たち人間の根源的な成分。よって、いかに体にやさしい成分であるかは、容易に想像ができるでしょう。この体にやさしいアミノ酸を洗浄成分として利用したのが、アミノ酸系シャンプーです。

アミノ酸系シャンプーを作るための原料は、決して安くはありません。そのため他の系統のシャンプーに比べると、市販価格が少し高めです。その反面で、頭皮や髪にやさしいという特徴が市場から広く受け入れられ、最近ではたくさんのアミノ酸系シャンプーが商品化されています。

◆アミノ酸系シャンプーの主なの特徴は?

アミノ酸系シャンプーの最大の特徴は、頭皮や髪へのやさしさです。他の系統の洗浄成分(高級アルコール系、石鹸系)に比べても、アミノ酸系シャンプーはデリケートでやさしいことが大きな特徴。そのため、敏感肌の方、乾燥肌の方、アトピー肌の方、抜け毛や薄毛に悩む方、皮膚の未成熟な赤ちゃんなど、肌を大切にしたい多くの方々に最も適したシャンプーと言えるでしょう。

【豆知識】アミノ酸系シャンプーとアミノ酸配合シャンプーの違いは?

「アミノ酸」と銘打ったシャンプーをよく見てみると、アミノ酸系シャンプーとアミノ酸配合シャンプーの2種類があることに気が付きます。「系」なのか「配合」なのかの違いですが、これは表現だけの違いと考えて良いのでしょうか? 答えはNoです。アミノ酸系シャンプーとアミノ酸配合シャンプーは、まったく別物です。

アミノ酸系シャンプーとは、まさにこのページで扱っているシャンプーのこと。アミノ酸を洗浄成分にした、髪や頭皮にやさしいシャンプーを指しています。一方、アミノ酸配合シャンプーとは、別のページで紹介している高級アルコール系シャンプーの一種。高級アルコールシャンプーの中にアミノ酸を配合したシャンプーのことを指しています。

アミノ酸系シャンプーとアミノ酸配合シャンプーは、洗浄力や頭皮への刺激などがちょうど対局にあるシャンプー。商品選びの際にはお間違えのないようにしてください。

アミノ酸系シャンプーの見分け方

宣伝コピーの中に「アミノ酸系」と謳われていれば問題ないのですが、商品の中には「アミノ酸系」と謳われていないものも数多くあります。手に取った商品がアミノ酸系であるかどうかを、素人はどのようにして判断したら良いのでしょう? 目の前のシャンプーがアミノ酸系であるかどうかを見分ける方法は、ただ一つ。成分表を確認してみることです。

そこでいざ成分表を確認してみると、そこには何やら耳慣れない難しいカタカナがズラリ。しかも、それら一つ一つチェックしていっても、どこにも「アミノ酸」という表記はありません。

実は、そのシャンプーがアミノ酸系であるかどうかを確認するには、「アミノ酸」という言葉を探しても分からないのです。探すべき言葉は、次の二つのどちらか。

「ココイル・・・」
「ラウロイル・・・」

成分表に、この2つの言葉のどちらかが記載されてあった場合、そのシャンプーはアミノ酸系ということになります。 「・・・」の部分は、じつに様々なので、あまり気にすることはありません。たとえば次のような成分が記載されていれば、アミノ酸系シャンプーです。

・ココイルグルタミン酸2Na
・ココイルメチルタウリンNa
・ラウロイルメチルアラニンNa
・ラウロイルサルコシンNa

などです。他にもたくさんの種類があります。なお、「ココイル」とはココナッツ油に由来する成分。そのため、「ココイル」ではなく「ヤシ脂肪酸」と表記されていることがあるので注意してください。

またシャンプーの成分表には、含有量の多い成分から順番に並べていくという決まりがあります。シャンプーに含まれる成分のうち、もっとも多いのが水。だからこそ、どんなシャンプーでも成分表の最初には「水」と記載されています。
このルールに従うと、たとえ成分表に「ココイル」や「ラウロイル」の記載があったとしても、あまり後半のほうに回されている場合には、アミノ酸洗浄成分の含有量が少ないということになります。最低でも、上位5つの順位までの中に「ココイル」か「ラウロイル」が記載されているシャンプーを選ぶようにしましょう。

アミノ酸系シャンプーのメリット・デメリット

アミノ酸系シャンプーのメリットとデメリットを挙げてみました。

◆メリット

・髪や頭皮への刺激が少ない
アミノ酸系シャンプーは、頭皮と同じ弱酸性。髪にも頭皮にも刺激が少ないので、長く安心して使うことができます。

・皮脂を落としすぎない
洗浄力がやさしい、頭皮に必要な皮脂を落としすぎることがありません。抜け毛や薄毛にお悩みの方には、特に適しています。

・肌が弱い人でも安心して使える
頭皮への刺激がほとんどないので、肌が弱い人でも安心して使い続けることができます。乾燥肌や敏感肌の方だけではなく、アトピーの人が使っても問題ありません。

・髪のダメージを修復してくれる
アミノ酸には、髪のダメージを修復する働きがあります。乾燥する季節には髪が傷みがちになるので、季節に応じてアミノ酸系シャンプーを使ってみても良いでしょう。

乾かした後に髪がパサつかない
保水性が高く、乾かした後に髪がパサつきません。しっとりと落ち着いたヘアスタイルをキープできます。

・フケを抑えられる
高い保湿性で頭皮の乾燥を防ぐため、フケが出にくくなります。軽度のフケ症の方は、アミノ酸系シャンプーに代えるだけで症状が改善する可能性があります。

・無理にトリートメントを使う必要がない
洗い上がりがしっとりしているので、無理にトリートメントを使う必要もありません。その分、コストを軽くすることもできます。

・家族全員が安心して使える
アミノ酸は人の体を作っている中心的な成分なので、どんな方が使っても安心。高齢者や乳児も含めて、家族全員が安心して使えます。

◆デメリット

・洗浄力がやや弱い
他の種類に洗浄成分に比べて、やや洗浄力が弱めです。脂性肌の方や整髪料を多く使っている方は、二度洗いが必要になることもあるでしょう。

・価格が高い商品もある
アミノ酸系シャンプーの原料価格は、他のタイプのシャンプーに比べて高め。その分、販売価格が高めになっている商品も少なくありません。

・洗った後の爽快感を感じにくい
保湿性・保水性が高いため、洗った後のサッパリ感、爽快感が弱めです。強い洗浄力を実感したい人は、物足りなさを感じるかも知れません。

・乾かした後の髪が重たくなる
保水性が高いので、乾かした後に髪が重たくなる傾向があります。髪のボリュームを出したい人は、他のタイプのシャンプーのほうが向いているかもしれません。

アミノ酸系シャンプーはこんな悩みの男性にオススメ!

ここまでアミノ酸系シャンプーの魅力をたくさん解説してきました。「よし、それじゃ明日から自分もアミノ酸系シャンプーを使ってみよう!」と意気込んでいる方もいらっしゃるでしょう。

ちょっと待ってください。確かにアミノ酸系シャンプーには魅力がいっぱいなのですが、おすすめの方と、おすすめではない方がいます。どんな方におすすめなのか、端的にまとめました。

【こんな人におすすめ】

・悩み1:朝、枕に残る抜け毛が多くなったと感じている

・悩み2:スーツの肩や背中にフケが目立つ

・悩み3:敏感肌・乾燥肌で頭皮トラブルが多い

・悩み4:乾かした後のボリュームを抑えたい

・悩み5:髪が傷んできたように感じる

第一におすすめしたい方は、抜け毛が多くなったと感じている方。抜け毛の原因の一つには、毛穴の詰まりがあります。毛穴の詰まりをなくすため、洗浄力の強いタイプのシャンプーを使っている方も多いようですが、それは逆効果です。毛穴から皮脂を落としすぎると、毛穴が防衛反応を起こして、もっと多くの皮脂を分泌するようになります。

その結果、毛穴にますます皮脂が詰まってしまい、抜け毛の原因になることがあります。抜け毛、薄毛に悩む方は皮脂を落としすぎるのは禁物。アミノ酸系シャンプーを使って、適度に皮脂を落とすようにしましょう。 またアミノ酸系シャンプーの特徴の一つに、高い保水性・保湿性があります。フケ症、乾燥肌、敏感肌の方は、基本的に頭皮が乾燥しています。アミノ酸系シャンプーで保湿性を高めることで、症状が改善する可能性があるでしょう。

同時に、乾かした後に髪のボリュームが出すぎる方も、アミノ酸系シャンプーの保湿力によって、しっとりとまとまりのある髪を目指すことができます。 髪が傷んでいる方にも、アミノ酸系シャンプーはおすすめ。アミノ酸の吸着機能と修復機能が働いて、傷んだ髪を生き生きと復活させてくれるでしょう。

反対に、脂性肌で髪がベットリとなる方や、洗った後の髪をボリュームアップさせたい方には、アミノ酸系シャンプーは向いていません。また、洗髪後の爽快感や清涼感を求める人も、アミノ酸系シャンプーは不向きです。そのような方々は、むしろ別のページで紹介する高級アルコール系シャンプーや石鹸系シャンプーを使ったほうが良いでしょう。

アミノ酸系スカルプシャンプーまとめ

以上、アミノ酸系シャンプーの特徴やメリット、デメリット、おすすめの人などについて解説してきました。

アミノ酸系シャンプーは、他のタイプのシャンプーに比べて髪や頭皮にやさしく、刺激が少ないシャンプー。保水・保湿効果も高いので、様々なニーズの方に適していると言えるでしょう。その一方で、他のタイプのシャンプーに比べて洗浄力がやや劣るため、ニーズには合わない方もいらっしゃるでしょう。 他のタイプのシャンプーとしっかり見比べて、ご自身に適した理想のシャンプーを見つけてください。

その他のスカルプシャンプーCheck!

このページでは、アミノ酸系スカルプシャンプーについて説明してきました。
シャンプーの特徴を知って「あ、自分には合わないかも?」と思った方もいるのでは?
以下に挙げた他種類のスカルプシャンプー情報も要Check!!

専門家と選んだ!本当に効果が期待できる スカルプシャンプーBEST5
医師監修のスカルプシャンプーおすすめ3選
サロン監修のスカルプシャンプーおすすめ3選