本気の人気スカルプシャンプー比較サイト / 美容師直伝!スカルプシャンプー頭皮ケア講座 / 育毛剤とスカルプシャンプーの併用で得られる効果

育毛剤とスカルプシャンプーの併用で得られる効果

育毛剤の効果が得られないのは頭皮の状態にあり

薄毛や抜け毛を改善したい人は、つい育毛剤を優先しがちです。しかし、頭皮が乱れた状態では育毛剤の効果が思うように発揮されず、せっかくの成分も台無しになってしまいます。育毛剤を使っても効果がないと悩んでいる人は、頭皮の状態が乱れていることが理由の一つかもしれません。育毛剤とスカルプシャンプーを一緒に使用することで、より薄毛の改善や育毛に効果が期待できます。

薄毛解決のヒントになる育毛剤とスカルプシャンプーの併用を解説

  1. まずは頭皮の環境を整える

    育毛剤にも頭皮の環境を整える成分は含まれていますが、メインは育毛成分になります。一方、頭皮のケアに特化したシャンプーがスカルプシャンプーです。スカルプシャンプーで頭皮の状態を整えながら育毛剤で薄毛を改善するのが理想的な流れと言えるでしょう。しかし、スカルプシャンプーと育毛剤を一緒に使用しても大丈夫か、と不安に思う人も少なくないようです。

  2. 併用しても副作用はない

    たとえば、スカルプシャンプーと育毛剤を一緒に使用したことで副作用が起きたとすれば、それは「特定の成分」が原因として考えられます。ずばり、「ミノキシジル」による副作用です。ミノキシジルは過去に「かゆみ・かぶれ・湿疹」といった副作用が報告されており、ミノキシジルを配合したスカルプシャンプーや育毛剤なら副作用が起こる場合もあります。

    つまり、ミノキシジルを配合していないスカルプシャンプーや育毛剤の併用であれば、一緒に使用しても副作用のリスクがないということになります。

  3. 相乗効果で薄毛の改善が期待できる

    スカルプシャンプーは「頭皮の環境を正常にする目的」があり、育毛剤は「毛根や頭皮に栄養を補って育毛を促進する役割」があります。それぞれ異なった役割がありますが、どちらも「育毛を促進する」という目的は同じ。ダブルで頭皮にアプローチすることで、単体よりも有用性が高くなり相乗効果が期待できるわけです。

    そして、もっとも重要なのはスカルプシャンプーと育毛剤を使用するタイミングになります。間違った方法で効果を半減させないように、育毛剤を使用するタイミングは重要です。

  4. 育毛剤を使用するタイミングは?

    まずはスカルプシャンプーで頭皮を洗浄しましょう。頭皮の余分な皮脂や汚れを落とし、頭皮に育毛剤が浸透しやすい状態をつくってあげるためです。また、シャンプーしたあとは頭皮が乾燥しがちです。スカルプシャンプーは洗浄力のバランスが優れていますが、人によって洗い方に違いがあるので頭皮が乾燥する場合もあります。

    育毛剤には保湿に役立つ成分が含まれており、乾燥した頭皮をケアする効果も期待できます。そうした理由もあって、スカルプシャンプーと育毛剤を一緒に使用するのは好ましい方法なのです。くれぐれも、スカルプシャンプーで頭皮を洗う前に育毛剤を使用しないよう注意してください。使用する順番を間違えるとNGです。

スカルプシャンプーと併用できる3つの育毛剤

育毛剤とスカルプシャンプーのダブル効果で育毛を促進

抜け毛や薄毛の改善など育毛を成功させるためには、固執した考え方では可能性を高められません。「育毛剤だけでOK」といった固定観念を捨てることが大切です。そもそも薄毛の原因は一つとは限りません。遺伝的なものもあれば、頭皮の状態が乱れていて毛根が正常に機能していないケースもあります。薄毛の原因を一つでも多く解決するためには、固執した方法ではなく様々な角度からアプローチする必要があるでしょう。

頭皮は髪を育てる土台。その土台に栄養を届けるのが育毛剤の役割です。しかし、土台が荒れていれば育毛に必要な栄養が正常に吸収されず毛髪の成長を妨げてしまいます。反対に、土台がしっかりしていても栄養がなければ十分な効果が期待できません。ダブルの効果で育毛を促進することが大切ですね。

こちらでは、AGA(男性型脱毛症)に効果が認められている治療薬をご紹介します。抜け毛の抑制や発毛、増毛などの効果は認められていますが、副作用や使用上の注意が必要な治療薬でもありますので、医療機関や専門医と相談の上、検討することをおすすめします。

1.日本皮膚科学会のお墨付き「プロペシア(内服薬)」

プロペシアとは2005年にMSDという日本の製薬会社が開発した治療薬の商品で、この中に配合されている「フィナステリド」という成分が男性型脱毛症に効果的だとされています。日本皮膚科学会が発表した「男性型脱毛症ガイドライン」の推奨度A(強く勧められる)の判定を受けた、正式な治療薬の一つです。

プロペシアには悪玉ホルモンの生成を防ぐ効果が

AGAの原因の一つは、テストステロンという男性ホルモンが、脱毛を促進させるジヒドロテストステロンに変わってしまうことです。プロペシアには、この変化をストップさせ、悪玉ホルモンである「ジヒドロテストステロン」の生成を防ぐ効能があります。

国内の臨床試験では、プロペシア(フィナステリド)を服用した被験者の9割以上が脱毛症状の悪化がなく、また半数以上が薄毛の改善が認められたという結果が出ており、その効果は皮膚科学会のお墨付き。多くのAGA専門クリニックでも処方されています。

プロペシアの代表的な副作用は「肝機能障害」

日本皮膚科学会が推奨する効果の高いプロペシア(フィナステリド)ですが、ホルモンを抑制させる薬であるため、幾つかの副作用も報告されています。

代表的な副作用は、「肝機能障害」です。初期段階では特に症状がなく、何らかの症状が見え始めた頃には、健康な肝臓には戻れない状態に。肝機能障害を起こすと、肝不全から肝硬変や肝臓がんを併発する恐れもあります。

また、男性ホルモンに直接かかわるため、性欲減退や精子の運動率低下、うつ症状などの副作用が現れる可能性も。これら副作用の発症率は2%未満と低いものですが、専門医からの使用上の注意はしっかりと聞いて納得した上で服用する事をお勧めします。

プロペシアは女性が服用しないよう注意

プロペシア(フィナステリド)で注意しなければならないのは、女性の使用は固く禁止されていることです。ホルモンに直接かかわる成分であるため、妊娠中の女性が誤って服用すると、胎児の生殖器に影響を及ぼす可能性があるためです。

禁止されているのは服用だけではありません。プロペシア(フィナステリド)は経皮吸収される成分ですので、錠剤に触れただけでも体内に吸収してしまいます。家族や身近にいる女性が誤って触れないよう、取り扱いには厳重な注意が必要です。

参考:公益社団法人日本皮膚科学会「男性型脱毛症ガイドライン」

https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913421_2.pdf

2.男女ともに使用できる「ミノキシジル(外用薬)」

プロペシア(フィナステリド)同様、日本皮膚科学会「男性型脱毛症ガイドライン」の推奨度A(強く勧められる)と認定された外用薬(塗布剤)です。

ミノキシジルはへアサイクルを正常に戻してくれる

ミノキシジルの作用は、毛乳頭や毛母細胞の活性化を促し、正常なヘアサイクルに戻すというものです。毛包に直接作用し発毛を促進してくれることは分かっていますが、更に詳しいメカニズムについては未だ分からない部分も。

プロペシア(フィナステリド)とは異なり、ミノキシジルは男性も女性も使用可能で、女性にも同じように発毛促進の効果が認められています。臨床試験では、2年間の使用で明らかに発毛や毛成長が進んでいたという結果が。また、プロペシア(フィナステリド)との併用も可能で、同時に使用した方が効果は高いとされています。

ミノキシジルの代表的な副作用は「頭皮の痒み」

塗布剤であるため、最も多い副作用は「頭皮の痒み」です。この原因の一つは、ミノキシジルに配合される「プロピレングリコール」に対するアレルギー反応です。

ごく稀に見られる副作用としては、ニキビや霞目、頭痛や手足のしびれなどがあげられますが、こちらは薬剤の使い過ぎが原因とされています。

また、因果関係ははっきりとしていませんが、ミノキシジルを使用した発毛剤として有名な「リアップ」では、1990年~2003年の間に循環器系の副作用が400例以上あったとの報告があったとのことです。不安な方は、医療機関で処方してもらうことをおすすめします。

妊娠中の女性による使用・ワセリンとの併用は注意

ミノキシジルは女性にも効果が認められる薬剤ですが、成分が母乳の中にも入ってしまいます。ミノキシジルが赤ちゃんに及ぼす影響については未だよく分かっていませんが、授乳中の女性が使用する際は注意したほうがいいでしょう。

また、保湿剤などに含まれるワセリンやトレチノインなどと併用すると、ミノキシジル成分を過剰に吸収してしまうことがありますので気を付けてください。

参考:公益社団法人日本皮膚科学会「男性型脱毛症ガイドライン」

https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913421_2.pdf

3.近年登場した新薬「ザガーロ(内服薬)」

ザガーロは2016年にグラクソ・スミスクラインより発売されたAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。プロペシア(フィナステリド)と同じ内服薬で、新薬として認知度を高めつつあります。

ザガーロにはプロペシアよりも高い抜け毛の防止効果が

もともとは前立腺肥大の治療薬として開発されたザガーロ。この中に含まれる成分「デュタステリド」が脱毛症や薄毛に効果が見られることが分かり、AGAの治療薬として商品化されました。悪玉ホルモンであるジヒドロテストステロンの生成を抑制して発毛サイクルを正常にさせる作用があります。

抜け毛を抑える効果はプロペシア(フィナステリド)よりも高いとされ、増毛効果で毛が長く、太くなる効果も確認されていますが、円形脱毛症や毛根が失われている部分の毛髪の再生には効果が見込めません。

ザガーロの副作用は肝機能障害や性欲低下など

ザガーロの主な副作用は肝機能障害や性欲低下、うつ症状、まれに乳房障害もみられます。効能が似ているプロペシア(フィナステリド)と似た副作用が多いです。

また、FDA(アメリカ食品医薬品局)では前立腺がんのリスクが上昇するとの警告が出され、2017年にはボストン大学メディカルセンターの研究者によって糖尿病や高脂血症などのリスクを増加させるとの報告がなされています。

女性や新生児〜小児の使用はNG

女性や新生児~小児、肝機能障害を患っている人などは、ザガーロの使用は禁止されています。妊婦にいたっては胎児に悪影響を与えかねません。

プロペシア(フィナステリド)同様、経皮吸収される薬品ですので錠剤に触れることも禁止です。新薬なだけに未発表の副作用などが今後出てくる可能性もあります。必ず専門医に相談の上、使用するようにしましょう。

参考:ボストン大学メディカルセンター

https://www.news-medical.net/news/20170622/Popular-prostate-drug-has-negative-impact-on-mens-overall-health-study-suggests.aspx

ノンシリコンシャンプーとスカルプシャンプーの違い

シリコンシャンプーが髪や頭皮に良くないという認識が広まり、いま人気が高まっているノンシリコンシャンプー。何となく育毛効果があるイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。こちらでは、そんなノンシリコンシャンプーの育毛効果やスカルプシャンプーとの違いについてご紹介します。

スカルプシャンプー=ノンシリコンではない

「シリコン」は摩擦を抑え、伸びよくべたつかないコーティング効果のある人口化学物です。シャンプーやリンスの他に化粧品やティッシュペパー、柔軟剤などにも使われており、とても身近なもの。

一方ノンシリコンシャンプーとは、その名の通りシリコンが配合されていないシャンプーです。2007年頃から販売されるようになり、人工的な成分が配合されていないことから「シリコンシャンプーよりも髪に良い」というイメージで認知度を高めてきました。そういったイメージから頭皮ケアや育毛、脱毛にも効果がある、という印象を持っている方も少なくありません。

実は、「シリコンが頭皮や髪に良くない」という噂に科学的な根拠はありません。ですので、ノンシリコンシャンプーに切り替えたからといって髪や頭皮ケアの改善効果が必ずあるわけではありません。

「ノンシリコンシャンプーは、単にシリコンが配合されていないシャンプー。」そう考えておけば、商品イメージに流されることはないでしょう。

一方で、スカルプシャンプーは、シリコンが含まれている商品もあればノンシリコンの商品もあり、シリコンの有無には固執していません。頭皮ケアと育毛に特化した商品であるスカルプシャンプーがシリコンにこだわっていないことからも、シリコンが頭皮に悪影響を与えているという科学的根拠がないことを表していますね。

ノンシリコンシャンプーの目的は商品によって異なる

スカルプシャンプーは頭皮ケアや育毛を目的として作られていますが、ノンシリコンシャンプーにはどんな目的があるのでしょうか?

ノンシリコンシャンプーという名目の商品でも、配合されている成分は商品によって異なります。シリコンは含まれていなくてもそれに似た人口成分が含まれていたり、完全オーガニックで無添加のノンシリコンシャンプーもあります。

自然派由来で無添加のノンシリコンシャンプーは、シリコンシャンプーに含まれている石油系界面活性剤を完全カットした商品で、アレルギーのある方などに有効とされている商品です。また、脂性の方にはコーティング剤が入っていないノンシリコンシャンプーのほうが、毛穴がつまりにくく汚れを取りやすい効果があるとも言われています。

このように、人によっては頭皮ケアに繋がるケースもありますし、アレルギー対策が目的というノンシリコンシャンプーは目につきます。しかし、頭皮の血行を良くする成分や毛母細胞を活性化する成分を配合したスカルプシャンプーのように、頭皮ケアと育毛に特化したノンシリコンシャンプーは見つけられませんでした。

スカルプシャンプーは頭皮ケアや育毛を目的として作られ、ノンシリコンシャンプーは商品やそれに含まれている成分で目的が異なると言えるでしょう。

頭皮環境改善や育毛効果が高いのはスカルプシャンプー

同じノンシリコンシャンプーでも、商品によってその成分が異なることは前に記述した通りですが、その中でも「アミノ酸系のノンシリコンシャンプー」は頭皮に優しく抜け毛予防対策としての効果が期待できるでしょう。

また、シリコンに似たコーティング成分が一切含まれていない商品なら、洗髪後に塗布する育毛剤も浸透しやすいと言えます。

ただ、その頭皮ケアの先に「育毛」という概念や目的がしっかりとあるのは、やはりスカルプシャンプーです。

育毛剤の定番であるミノキシジルをはじめ、プラセンタエキスやセンブリエキスなどの育毛や発毛に効果が見込める成分が配合されていたり、AGA(男性型脱毛症)クリニックの医師が監修した商品があったりと、頭皮ケアと育毛がセットになっている点がスカルプシャンプーの特徴。頭皮をいたわりながら汚れを落とし、なおかつ育毛効果を期待できる成分で毛母細胞を刺激します。

最近では、「育毛作用」をうたうノンシリコンシャンプーも登場しています。しかし、専門医などの監修や研究機関のお墨付きがなくても、グリチルリチン酸ジカリウムなどを配合すれば「育毛」を宣伝として表記して良いことになっており、その信憑性に不安が感じられる場合も。

スカルプシャンプーのように、根拠に基づいた成分配合がなされているノンシリコンシャンプーは今のところ存在しません。

頭皮ケアだけが目的であればアミノ酸系のノンシリコンシャンプーでも効果を期待できますが、現時点では、少しでも育毛に関心のある方はスカルプシャンプーを選んだほうが良いでしょう。

スカルプシャンプーとノンシリコンシャンプーの価格を比較

ノンシリコンシャンプーの価格帯は、容量や成分内容の種類にもよりますが、おおよそ家庭用ボトルで500円~10,000円といったところ。完全無添加アミノ酸系、100%天然由来で、さらに潤い効果もあるノンシリコンシャンプーほど高額な傾向があります。

一方、スカルプシャンプーの価格帯は、1,000円~6,000円程度。こちらは育毛成分や医師による監修の有無などで価格に差が出ています。

ノンシリコンシャンプーにしてもスカルプシャンプーにしても、育毛効果を高めるにはシャンプーと育毛剤のダブル使用が良いとされています。また使い続けることで、頭皮の健康状態を維持し、育毛剤の効果を高めることが可能です。

ちなみに、AGA(男性型脱毛症)クリニックなどで処方される代表的な育毛剤はプロペシア(フィナステリド)(内服薬)やミノキシジル(塗布剤)など。価格はプロペシア(フィナステリド)は4,000円~10,000円、ミノキシジルは2,000円~15,000円と、いずれも保険適用外となり高額です。

育毛剤との併用を考えるのでしたら、毎日使うシャンプーは効果もさることながら、できるだけコストパフォーマンスに優れたものを選んだ方が良いですね。頭皮ケアに特化した商品であり、またご自身が納得できる成分と価格のシャンプーを選びましょう

専門家と選んだ!本当に効果が期待できる スカルプシャンプーBEST5
医師監修のスカルプシャンプーおすすめ3選
サロン監修のスカルプシャンプーおすすめ3選