/ 美容師直伝!スカルプシャンプーで頭皮ケア講座 / 使う「目的」から考えるスカルプシャンプーの定義とは?

使う「目的」から考えるスカルプシャンプーの定義とは?

スカルプシャンプーによって得られる効果と目的

薄毛対策でスカルプシャンプーを使い始めたが、どうも自分にあったシャンプーを見つけられない方に、一般的なシャンプーとスカルプシャンプーを使う目的と得られる効果の違いを改めて説明します。

スカルプシャンプーと一般的なシャンプーとの違いは使う「目的」

  1. 一般的なシャンプーを使う目的

    一般的なシャンプーは「髪の毛をコーティングし、髪の毛を美しく見せる」ことが目的です。そのため、一般的なシャンプーの中には洗浄力が強過ぎるため、頭皮が必要な皮脂まで落としてしまう恐れがあるものもあります。皮脂は汗と交ざって皮膚をバリアし、頭皮を弱酸性の状態に保ちながら雑菌の繁殖を抑える働きがあるので、過剰に皮脂が失われると頭皮は乱れやすくなってしまいます。

    乱れた頭皮は毛髪にも悪い影響を及ぼすので、薄毛や抜け毛等の悩みを抱えている人は注意が必要と言えます。

  2. スカルプシャンプーを使う目的

    スカルプシャンプーは「毛髪が育ちやすい状態に頭皮を整える」ことが目的です。そのため、スカルプシャンプーは皮脂が必要以上に失われるのを防ぎ、頭皮の状態を適度に保つことを考えてつくられたシャンプーです。育毛の前提として、薄毛を改善したり毛髪の成長を促進したりするためには頭皮をケアすることが重要なポイントになります。しかし、頭皮が乱れている状態で育毛剤を使っても正しい効果が期待できないためです。

  3. スカルプシャンプーが育毛に良いとされる理由

    健康な頭皮は適度な皮脂で守られており、雑菌の繁殖や乾燥を防ぎながら皮膚呼吸が上手くできているので頭皮の血行が良く、毛根に栄養が届きやすいため、抜け毛も少なく毛髪の成長も促されます。しかし、頭皮に過剰な皮脂や汚れが付着したままでは皮膚呼吸が低下し、血液の循環に悪い影響を及ぼすおそれがあるので危険です。

    また、一般的なシャンプーは洗浄力の強い化学物質が使用されていることが多く、そうした成分が必要な皮脂まで洗い流してしまいます。その結果、失われた皮脂を補充しようとして皮脂が急激に分泌されることによって毛穴を詰まらせてしまい、皮膚呼吸の妨げになってしまうのです。頭皮が健康に呼吸していれば毛細血管に血液が入り込み、毛髪の成長に必要な栄養を毛根まで送り届けることができるため、健やかで丈夫な髪の毛が育ちやすくなります。そのためにもスカルプシャンプーで健やかな頭皮を保つようにしましょう。

    スカルプシャンプーで頭皮をケアすることで薄毛対策のほかにもフケやかゆみの改善、皮脂の臭い対策にも効果が期待できます。不健康な頭皮は皮脂のべたつきやフケ、かゆみや脂っぽい臭いなどが感じられ、これらを放置したままにすると抜け毛や薄毛のリスクが高まってしまうので気をつけましょう。

スカルプシャンプーが頭皮に優しい理由

一般的なシャンプーにはシリコンやラウレス硫酸(ラウリル硫酸)といった強力な洗浄成分が配合されていることが多く、この洗浄成分が原因で頭皮に必要な皮脂まで奪ってしまったり、乾燥させたりして肌トラブルを引き起こします。

一方、スカルプシャンプーは刺激が少ないアミノ酸や弱酸性の成分がメインです。ほかにも、モモ葉エキスやオタネニンジンエキスなど漢方薬も含まれていることが多く、頭皮の健康のことを考えてつくられています。ココイルグルタミン酸・ヤシ油脂肪酸・ラウリン酸など弱酸性のアミノ酸は、皮膚や毛髪の原料となるタンパク質で構成されていますし、毛髪にも頭皮にも優しい洗浄成分です。

また、不必要な皮脂や汚れは洗い落とし、頭皮の保護として必要な皮脂を適度に残しておくという性質をもった優れもの。基本的には科学的な物質は使わず、天然由来の成分を配合しているのがスカルプシャンプーです。ただし、シリコンオイルを配合したスカルプシャンプーもあるので注意が必要です。スカルプシャンプーを比較するときは、「化学物質やシリコンを配合していないスカルプシャンプー」を選ぶようにしましょう。

専門家と選んだ!本当に効果が期待できる スカルプシャンプーBEST5
医師監修のスカルプシャンプーおすすめ3選
サロン監修のスカルプシャンプーおすすめ3選