本気の人気スカルプシャンプー比較サイト / 薄毛の基礎知識 / 薄毛とAGAの関係

薄毛とAGAの関係

あなたは当てはまる?こんな薄毛はAGAかも

薄毛について情報を集めている方はAGA(エージーエー)という単語を聞いたことがあるはず。薄毛とAGAには深い関係があります。しかし、男性の薄毛がすべてAGAというわけではありません。もしかしたら自分の薄毛もAGAが原因なのかも…と思っている方はAGAの特徴についてご紹介するので該当するものがないかチェックしてみてくださいね。

AGAとは?気になる特徴をチェック

  1. 進行性の脱毛

    AGAは「AndrogeneticAlopecia」の略で、日本語に訳すと「男性型脱毛症」となります。一時的な抜け毛とは違い、AGAは進行性の脱毛となっているため、状態を食い止めるためにはいかに早く対策が取れるかが重要になります。全体的に薄くなるというよりも額側の髪の生え際か頭頂部、または両方が徐々に薄くなるのが特徴です。抜け毛が気になっている方はこのあたりの髪の毛が薄くなっていないかチェックしてみましょう。若いころに比べて額側の髪の生え際や頭頂部が薄くなった場合にはAGAの可能性があります。

  2. 髪の毛が成長しにくい状態になる

    健康な髪の毛を作るためには毛包部分が十分に成長することが大切です。しかし、AGAになると毛包が成長しにくい状態となり、髪の毛をうまく育てることができなくなります。十分な栄養をもらえなかった髪の毛は健康的に成長できずに抜け落ちてしまうわけですね。ただ、AGAで髪の毛が薄くなったといっても毛包自体がなくなるわけではありません。最適な対策を取り入れていけば十分に毛包を育て、頭皮の状態を改善させていくことが可能です。抜け落ちる髪の毛がどれも短い場合にはAGAが原因で髪の毛が十分に成長していない可能性があります。

  3. 症状が現れる年齢は人それぞれ

    早い人だと10代でAGAの症状が現れることもあります。若い頃はフサフサだったのにある日突然AGAが悪化して薄毛になった方も珍しくありません。AGAになると抜け毛が増えるだけでなく、髪の毛が細くなったり成長期を終える前に抜け落ちます。頭皮が脂っぽい状態にもなるため髪の毛がペタペタしてボリュームが出にくいのも特徴です。しっかり洗っているのにすぐに頭皮が脂っぽくなり薄毛も気になる方はAGAを疑ってみましょう。


AGAになる仕組み

AGAの原因が100%突き止められているわけではないのですが、大きな原因として考えられているのが遺伝や男性ホルモンの影響によるものです。父親がAGAだった場合には子どももAGAになる確率が高くなるため、早いうちから対策を取っておきましょう。

AGAは髪が成長する段階である成長期が短くなることに大きな原因があります。では、なぜ成長期が短くなるのかというと、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が深く関わっているのです。この男性ホルモンは胎児期に外性器を発達させる役割を持ったものなのですが、成長期を過ぎてから発生したDHTは体にとって良くない働きをします。その働きの一つが髪の毛の成長期を短くするということです。

実際にAGAに悩んでいる方はDHTが高濃度になる傾向にあるため、DHTによって髪の毛が十分に成長できなくなることがAGAの大きな原因だといえます。成長期の髪の毛は短くても2年、長いと6年ほど成長を続け、寿命を終えてから抜け落ちていくのが正しい形です。しかし、AGAの原因となるDHTが多すぎると、まだまだ成長途中にあるはずの髪の毛が数ヶ月から1年で成長を終えてしまいます。

そもそも髪の毛は1ヶ月で1cm程度しか伸びないため、数ヶ月程度で抜け落ちてしまうと全く伸びませんよね。

DHT以外の原因

AGAになる原因はDHTだけではありません。生活習慣に原因があってAGAが悪化してしまう方もいるのです。健康的な頭皮と髪の毛を作るためにはバランスの良い食事を取ることも大切です。髪の毛の成長に欠かせないビタミン類なども食事でしっかり取り入れていきましょう。

また、髪の毛は成長する上でミネラルや亜鉛といったものが欠かせないのですが、お酒をたくさん飲むとアルコールを分解するためにこれらの栄養素が使われるため髪に十分な量が回らなくなります。それからストレスも大きな影響を与えると言われています。といっても、全くストレスを感じずに生活している人はほとんどいないといえるでしょう。日常生活や仕事、家庭などで誰しも何かしらのストレスを抱えていますよね。

それにAGAになると薄毛のストレスも加わります。健康な髪の毛を作るためには頭皮から十分な栄養を取ることが大切なのですが、ストレスを感じた身体は血管が縮小し、栄養素を運びにくい状態になるため注意が必要です。

ストレスは目に見えないため、定期的に自分の好きなことをするなどしてしっかり発散しましょう。タバコも血管を縮小させる大きな原因となるためAGAをできるだけ早く改善したいと思っているのであれば禁煙をおすすめします。それから運動不足の状態も体内の血流を低下させるため、日々の運動も取り入れましょう。運動は健康な体作りのためにも欠かせないので一石二鳥です。

AGAの対策・治療法

医療機関で治療法を受けるのも良いのですが、頭皮の状態を改善させるためには毎日の対策が必要です。その際に何よりも重要なのが日々のヘアケアとシャンプー選びだといえるでしょう。いくら病院で効果的な対策を取り入れたとしても毎日のヘアケアが不十分な場合は健康な髪の毛を作ることは難しくなります。治療を病院任せにするのではなく、自宅で自分でできる対策を取り入れていくことにより早期の改善が目指せます。

専門家と選んだ!本当に効果が期待できる スカルプシャンプーBEST5
医師監修のスカルプシャンプーおすすめ3選
サロン監修のスカルプシャンプーおすすめ3選