本気の人気スカルプシャンプー比較サイト / 効果別スカルプシャンプーの成分辞典 / 洗浄成分
physician supervision

洗浄成分

洗浄に効果が見込める成分一覧

シャンプーは髪を洗うものであると同時に、頭皮を洗うものです。頭皮は適度の油分をキープできなければ荒れ放題となってしまい、トラブルをおこしがち。さっぱりしすぎもNGなのです。
適度に洗い、潤いを保てる洗浄成分はどれでしょうか。シャンプーを選ぶときの参考にしていただけるよう、洗浄成分の特徴をご紹介します。

  • アミノ酸系洗浄成分

    人体を構成するタンパク質の主成分であるアミノ酸が洗浄成分の主成分です。このため、圧倒的に頭皮や髪に優しいことが特徴。汚れは落としながらも、根こそぎ皮脂を落とすことがありません。
    さらに、シャンプーに含まれるアミノ酸が髪に行き届き、ある程度の修復作用があることも知られています。美容室で使われるシャンプーもアミノ酸系が主流だとか。アミノ酸系シャンプーを選ぶのがベターですね。洗浄力は穏やかです。

  • グルコシド系洗浄成分

    グルコースと呼ばれる糖から作られた洗浄成分。そのためグルコシド系と呼ばれています。大人の使うシャンプーでは単独で用いられることは少なく、他の洗浄成分と併用することが一般的で、アミノ酸系洗浄成分との組み合わせのものが増えています。
    洗浄力は弱いほうに分類されますが、泡立ちがよく低刺激であることから、ベビーシャンプーにも使われている洗浄成分です。

    この成分が含まれているシャンプー

  • ベタイン系洗浄成分

    ベタインは保湿作用をもっています。女性が肌につける化粧水や保湿クリームにも使われるほどの水分保持効果がありますので、折り紙つき。髪の柔軟性や弾力性を増す効果もあり、頭皮のみならず髪にもやさしい洗浄成分のひとつです。
    洗浄力としては若干寂しいところがあり、泡立ちも弱いため、他の洗浄成分と共に用いられることが一般的です。

  • 石油系洗浄成分

    硫酸系や高級アルコール系とも呼ばれる石油系洗浄成分は、泡立ちもよく比較的安価ですので、ごく一般的なシャンプーに用いられています。
    高い洗浄力があります。しかし、その高い洗浄力のため皮脂を過剰に取り除いてしまうことから、乾燥・皮脂過剰分泌の悪循環や、フケ・かゆみといったトラブルを招くことがあります。髪を傷めてしまうこともあるので、髪を大切にしている女性からは敬遠されがちです。

  • 石けん系洗浄成分

    石けん系シャンプーは、脂肪酸カリウムや脂肪酸ナトリウムを用いています。生分解性が高く環境に優しいことで好まれます。
    しかし、洗浄力が強すぎる面を持っています。頭皮がつっぱる・洗い上がりの髪がきしむ・ヘアカラーの退色が早い・頭皮に残りやすくフケの原因になるなどの理由で好まない人も少なくありません。

注目の洗浄成分はどれ?

皮脂をさっぱりと洗い流す爽快感は、頭皮のアブラに悩む男性にとってうれしいものかもしれません。しかしながら、必要以上に皮脂を取りすぎると、乾燥を感じ取った皮膚がせっせと皮脂を分泌してしまい、すぐにべたつくという悪循環を生んでしまいます。これを避けるためには、適度な洗浄力のシャンプーを選ばなくてはなりません。その点では、アミノ酸系シャンプーがベストでしょう。成分表の上のほうに「ココイル○○」や「ラウロイル○○」を発見できれば、それはアミノ酸系シャンプーです。

専門家と選んだ!本当に効果が期待できる スカルプシャンプーBEST5
医師監修のスカルプシャンプーおすすめ3選
サロン監修のスカルプシャンプーおすすめ3選