本気の人気スカルプシャンプー比較サイト / 効果別スカルプシャンプーの成分辞典 / 危険成分
イメージ画像
physician supervision

危険成分

シャンプーに含まれている危険な成分

今やスカルプケアシャンプーは花盛り。頭皮環境を整え髪をいたわるものから、ニオイ対策、フケ対策など様々な機能を謳ったものが多数発売されています。確かに効果のある成分を組み合わせればそれなりの効果を持たせることができます。しかし一方で、使って欲しくない危険な成分もあります。
お手持ちのシャンプーや、近いうちに試してみたいと思っているシャンプーに次のような成分が含まれていませんか。ぜひチェックしてみてください。

  • シリコン

    シリコンは髪の表面をコーティングする成分です。指どおりや手触りをよくするために配合されるもので、髪の毛の長い女性にはありがたい成分として、多くのシャンプーに配合されています。悪く言えば、痛んだ髪に膜を張ってごまかしているともいえます。パーマ液やヘアカラーが髪に入りにくくなる現象がまさしく膜を張っていることをあらわしています。
    頭皮についても正しい新陳代謝が行われていれば落ちていくものではありますが、一時的な膜が育毛剤を入りにくくするという点では危険な成分といえるでしょう。そもそも、髪の毛の短い男性には不要な成分です。毛穴詰まりを起こす可能性も高いため、薄毛ケアをしたいのならば、必ず避けるようにしてください。
    注意すべきは成分表記。「シリコン」とそのまま書かれていることは少なく、大半は「ジメチコン」や「ポリマー」といった記載がされています。以下のような表記があったのならば、それはシリコンが含まれたシャンプーです。

    シャンプー成分としてのシリコン表記名

    シクロメチコン

    シロキサン

    ジメチコン

    シクロペンタシロキサン

    シリカ

    シリル

    シロキ

    シラン

    ジメチコノール

    ジメチコンポリオール

    シリル化ケラチン

    ジメチコノール

    ポリマー

  • ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na

    強力な洗浄成分のひとつです。「さっぱりした!」という爽快感が持ち味で、広く使用されています。確かに洗浄力の高さはピカイチではありますが、頭皮の乾燥から起こる皮脂の異常分泌や、皮膚常在菌を取り除いてしまうことにより起こるフケやかゆみが発生することがあります。さらに皮脂の過剰分泌により、毛穴詰まりや抜け毛を発生させることも。頭皮を正常に、健康的に保ちたい方にとっては、危険な成分です。
    先のラウリル硫酸Naととてもよく似た名前の成分として、「ラウレス硫酸Na」があります。こちらは洗浄力が少々おだやかなため、現在ではラウリル硫酸Naよりも使用される頻度が高まっています。しかし、皮膚への負担が比較的大きく、肌質によっては乾燥してフケが増えたり、ピリピリとした刺激を感じることもあります。
    どちらも素材そのものが液体ということで、シャンプー製造に利用しやすいものです。ですが、スカルプケアを本気で考えるのならば、避けるべき成分だといえるでしょう。
    ドラッグストアなどで市販されているシャンプーには、よく含まれている成分ですので、注意してください。

専門家と選んだ!本当に効果が期待できる スカルプシャンプーBEST5
医師監修のスカルプシャンプーおすすめ3選
サロン監修のスカルプシャンプーおすすめ3選